FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

投資をしなくても「ふつうの暮らし」は手に入る。でも・・・

”なぜ裏切った?本当のところは俺がワルだからだだが変わろうと思うこれを最後に足を洗ってカタギの暮らしをする楽しみだ。あんたと同じ人生さ(一般人と同じ普通の暮らしという意味)出世、家族、大型テレビ、洗濯機、車、CDプレーヤー、健康、低コレステロール、住宅ローン、マイホーム、おしゃれ、スーツとベスト、日曜大工、クイズ番組、公園の散歩、会社、ゴルフ、洗車、家族でクリスマス、年金、税金控除、平穏に暮らす。寿...

続きを読む

株式市場のリスクが増大したらどうなるかシミュレーションしてみた

皆さんこんにちは。石橋を叩いて、結局渡らず鉄の橋を探す臆病インデックス投資ブロガーの「りあるむえ」です。(笑)私が投資を始める前に、ベテランの投資家から“大暴落が起こって含み損を抱えた際には、「夜眠れない」、「喉がカラカラになって目が覚める」”という話を聞きました。未だそういった経験をしたことがない自分が言うのは心苦しいですが、暴落時の狼狽売りは「無い」と想像しています。年齢も35歳と若いことと、自...

続きを読む

「ドルコスト平均法VS一括投資」の議論の答えは、全てココにあります

前回の記事でドルコスト平均法は「気休め」ではなく「合理的」な方法だと説明しました。ドルコスト平均法は「気休め」ではなく一括投資より「合理的」と言えるのではないでしょうか?今回は、よく言われる「機会損失」なども含めて、詳しく説明していきます。投資の前に預金の話(この問題を理解する上で重要です!)あなたが大事な資産を運用で無くしたくないと考えるなら、元本保証の商品がベストです。そのため、元本割れするリ...

続きを読む

ドルコスト平均法は「気休め」ではなく一括投資より「合理的」と言えるのではないでしょうか?

先日から、統計学、金融工学をかじり始めたので、今日は、「ドルコスト平均法」と「一括投資」の結果を分布で推計して、どちらが合理的か考えてみようと思います。シミュレーションの前に一般的な「ドルコスト平均法 vs 一括投資」で言われている内容を復習してみます。 ・一括投資はドルコスト平均法より合理的! ・教科書的には一括投資が正解! ・一括投資をした後に株価が暴落しても結果論だ! ・ドルコスト平均法は一括投...

続きを読む

私のような初心者は、他の投資ブログの良記事から学びます

皆さんこんにちは。未だ投資方法が定まらない初心者投資ブロガー「りあるむえ」です。私のような経験の浅い投資家のための記事を「小黒とらさんのブログ」で発見しました。[すでに読まれた方も多いかと思いますが。(^^;)]外部リンク:リスク資産に投資するなら、この考えから卒業しましょう“毎月○万円×複利で年○%×投資期間○年=○○○○万円というシンプルな皮算用は分かりやすいのですが、私たちはそういう考えからそろそろ卒業すべ...

続きを読む

本当は教えたくない投資信託、ETFを「安く買って、高く売る」自動的な仕組み(2)

前回の記事の最後に述べたように、私がよく言う「暴落待ち」ですが、1次的な小さな下落が起きているだけなのか、大暴落が起きる序章なのか、誰も判断できません。したがって、スポット購入のタイミングを逃すことも考えられます。前回の記事:本当は教えたくない投資信託、ETFを「安く買って、高く売る」自動的な仕組みそこで、今回は「移動平均値」を利用した購入手法を紹介しようと思います。今年の初めから下げ局面に突入した印...

続きを読む

本当は教えたくない投資信託、ETFを「安く買って、高く売る」自動的な仕組み

今日は、自分の投資法のヒントになる記事を見つけたので紹介しようと思います。  外部リンク:日本株、買いは次の不況まで待て=竹中正治氏長期的な上昇トレンドを描けない日本株2000年1月から毎月末~2016年4月末まで毎月1万円を「TOPIX連動ETF」と「S&P500連動ETF」に積立てた結果、日本株の年率リターンは、アメリカ株の半分ほどしかありません。それでは日本株のインデックス投資で長期にリター...

続きを読む

暴落が来ても私が安心して投資できる2つの理由

最近、先行き不安を感じさせる話題が多くなってきたような気がします。 外部リンク:海外投資家が日本株離れ 米の上場投信、8400億円流出”米国で資金を長期運用する海外投資家の日本株離れが目立っている。米国で上場し、日本株に投資する主な上場投資信託(ETF)の資金流入から流出を差し引いた純流出入額は2015年12月以降約80億ドル(約8400億円)の流出超となった。3カ月連続で20億ドル規模の流出超となるのは安倍政権の...

続きを読む

“ちびちび”投資の暴落待ちでリスクを低下して、より高いリターンをゲット

前回の記事で、実際の景気は良くなっているのに(市場が景気の悪化を予想して)株価が下がる実例として、“バブル崩壊後の最安値”となった2003年4月のお話をしました。過去記事:「株価」と「景気」の差異の見極め方と、マスコミ情報との接し方|暴落の原因ってそれだけ!?当時は、戦争、病気と世界的に不安材料が多くあった時代のようですが、この先にも、これと同様に、世界的混乱の時代が訪れる可能性は十分にあると思います。(2...

続きを読む

「株価」と「景気」の差異の見極め方と、マスコミ情報との接し方|暴落の原因ってそれだけ!?

皆さんは、細野真宏という方をご存知ですか?私が高校生だったころに、人気だった数学の参考書の著者です。1年で自身の偏差値を30から70に上げて、慶應義塾大学理工学部に進学したスゴイ人です。実績からもわかるように最初から勉強が出来たわけではなく、数学の学習のコツを掴んで成績を上げることができたので、皆さんにもわかりやすく説明します、といった新しいタイプの参考書でした。高校生だった自分は、この本の分かり易さ...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。