スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

「節約」って「投資」より大事ですよね?

以前の記事でお話ししたように、子供が生まれ、家を買い、自然と節約を心掛けていたら「インデックス投資」にたどり着いたわけですが、今日は実際に僕が行った節約方法についてお話ししようと思います。結論から述べると、2つの固定費を見直すことで23,000円/月(276,000円/年)の節約に成功しました。いろいろと不確定要素はありますが、自分が後50年生きるとして、単純計算すると13,800,000円節約できることになります。「安心老...

続きを読む

理想のアセットアロケーションを考える2

今日も引き続き「理想のアセットアロケーション」について考えていきます。(前回の記事はコチラ<===)前回と同様に、有名ブロガーの各資産の抽出結果とリスク、リターン、シャープレシオを以下に示します。前回の記事にも書きましたが、株式100%のアセットアロケーションの方々(吊られた男氏と投資女子さん)の「無リスク資産」はどのような状況なのか非常に興味深いです。なぜなら、僕も投資を始める前に、「敗者のゲーム...

続きを読む

理想のアセットアロケーションを考える

今日は「理想のアセットアロケーション」について以下の手順で考えてみます。1. 有名インデックス投資ブロガーのアセットアロケーションを調査2. 調査結果と自分のアセットアロケーションを比較 - 各アセットクラスの保有量の差異 - リスク、リターン、シャープレシオの比較3. 比較結果からの気づき事項のまとめ4. 理想のアセットアロケーションについて考てみる有名インデックス投資ブロガーのアセットアロケーションGoog...

続きを読む

1億円で‟完璧„安心老後!って・・・そりゃ~そうやろw

日経マ○ー1月号によると 「1億円で完璧安心老後」とうったってますが・・・そりゃ~そうやろw1億あって不安な老人って・・・ユ○クロの社長?ソフトバ○クのしゃちょーさん?アラブの石油王?それとも美川憲一かよwちょっとマジメに中身を読んでみると、「夫婦2人の老後生活資金は1億円!」という特集を3人の大先生が紹介されていますw一人目は「老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識」の著書で...

続きを読む

今日ほど株式投資を恐ろしいと思った日はない!

マジっすか?マジなんですか?ホンマでっか!?(゚д゚)嘘でしょ????予告しちゃうのかよ?株で損すると・・・爆破!あかんですよ!嘘ついちゃ!しかも「爆破」はあかんよ・・・「オオカミ少年」もアカンけど、「爆破青年!」キミはもっとあきまへんで~しかも、二十歳やそこらの大学生が2000万円損失って(;´Д`)アセットアロケーション作ってリスク計算せな・・・(そんなキミは、僕が書いたこの記事を読みたまえ( `―´)ノ)イヤ...

続きを読む

アセットアロケーションのリスク・リターンの計算方法2

昨日は、アセットアロケーションのリスク・リターンをエクセルで計算して、「myINDEXさんの資産配分ツール」と同様の値になることを確認しました。しかし、エクセルで数字が出るだけだと味気ないので、今日はちゃんとツール化しましたよ♪下図に示したように、エクセルシート内で2つのアセットアロケーションの各資産を入力して、同時にリスク・リターンを見比べられるようにしました。当然円グラフも自動で作成されます。対象とし...

続きを読む

アセットアロケーションのリスク・リターンの計算方法

以前に、私のアセットアロケーションに対するリスク・リターンを公開していたのですが、某マネー雑誌を参考にしたこの計算は、簡易的な計算方法でmyINDEXさんの資産配分ツールなどの計算方法とは違うことがわかりました。<今更ですけど・・・。勉強不足で面目ない((+_+))>今まで自分は、計算結果のリスク・リターンが違うことには気づいていましたが、その原因は、各アセットクラスのリスク・リターンのデータベースの違いが原因...

続きを読む

「インデックス投資」こそ「最強の節約術」!

僕の個人的な意見だが、タイトルに書いたように、「インデックス投資」は「最強の節約術」だと考えている。経済成長の恩恵を受ける「インデックス投資」の性質上、長期的に投資を続けることで、自分の期待リターンを得ることができる(かもしれない)。当然、短期的に遊ぶためのお金など得られないし、長期的に投資するため、余剰資金は手元にない。「インデックス投資」を始める前に自分がしたことは、以下の手順となる。①家計の...

続きを読む

僕はインデックスファンドをこのように選んだ!

インデックス投資の本や著名なブログによると推奨されるインデックスファンドの選び方は以下の二つに分類されるようだ。・低コストインデックスファンドの組み合わせで、自分の目指すアセットアロケーションを作る・自分の目指すアセットアロケーションに近いバランスファンドを1本選択する                     &nbs...

続きを読む

投資を始めて変わったことがある。でも何も変えることができない・・

インデックス投資を始めてから僕の生活は少し変わった。朝起きると、歯を磨きながら、ダウ平均とS&P500、それに為替と原油価格を確認する。その後、朝食をとりながら、ネットで経済情報に目を通す。そして、夜は会社から帰宅すると、このブログを書いている。今までなかった習慣ばかりだ。今のところ、3年分の投資費用として確保した350万円のうち、375,000円分インデックスファンドを購入した。(3年以内に350万円投資するの...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。