バランスファンドのリーサルウェポン「iFree8資産バランス」がSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に登場!

2017年3月10日からSBI証券のiDeCo商品として「iFree 8資産バランス」の取り扱いが開始されました。投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2016でも4位に選ばれた超低コストバランスファンドです。このファンドは、コストが安いだけでなく純資産額はiFreeシリーズトップの20億円(2017年3月現在)で、成績は類似のファンド、eMAXISバランス(8資産均等型)を大きく上回っています。iFree 8資産バランス vs eMAXIS バランス(8資産均等...

続きを読む

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で「iFree NYダウ・インデックス」を積立してアメリカンドリームをつかめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料については、今まで過去記事で述べてきたので、今日はお勧めの商品についてお話します。既にご存知の方も多いと思いますが、個人型確定拠出年金では、掛け金が全額所得控除されるので所得税や住民税が軽減されるメリットがあります。それでも、やはり大きな運用益が得られる商品を選択したいですよね。個人型確定拠出年金(iDeCo)のお勧め商品そこでお勧めなのが、「iFree NYダウ・インデックス」...

続きを読む

「個人型確定拠出年金」を始めるならSBI証券のお得な新規加入無料キャンペーンに申し込もう!

  2017年1月1日より個人型確定拠出年金(iDeCo)に誰でも(公務員、主婦を含む)加入できるようになることから、私の勤め先もにわかに騒がしくなってきました。地銀が勤め先の労働組合を対象に説明会を開催しましたが、組合の役員は“ちんぷんかんぷん”で組合員に有益な情報を提供できない残念な状況になっているようです。せっかく公的年金に上乗せできて、大きな節税メリットがある制度を利用できるようになるのですが、世間で...

続きを読む

SBI証券と楽天証券の「個人型確定拠出年金」口座管理手数料比較

これまでSBI証券の一強時代が続いていた個人型確定拠出年金ですが、2017年1月から専業主婦や公務員、それに企業年金のあるサラリーマンも加入対象となったことから、楽天証券でも2016年9月下旬から取り扱いが開始されることになりました。外部リンク:楽天証券-個人型確定拠出年金個人型確定拠出年金の金融機関選びで重要になるのは次の2点です。  ・口座管理手数料  ・商品ラインナップ以下で、これら2点について、SBI証券と...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

今月のページランキング

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)