スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

趣味に没頭していてインデックス投資をしていることを忘れていましたが、資産は増加していました!!

皆さんこんにちは。インデックス投資ブロガーであることを忘れて、キックボクシングに専念してブログを書いていなかった「りある・むえ」です。毎日のように練習にあけくれていたので、ブログを書いていないだけでなく、株価の推移も新規ファンドの情報も他の投資ブログもウォッチしていませんでした。汗ところがどっこい全治3週間の怪我を負いました。すごく痛いです!「イタイのイタイのとんでけ~」という魔法の言葉も効果がな...

続きを読む

ひふみプラスを売却して得たお金で「たわらノーロード先進国株式」を購入しました

以前から米国株式への投資を検討していたレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」が遂に米国株への投資を開始したことを菟道りんたろう氏のブログで知りました。【外部リンク】ひふみ投信が米国株への投資を開始―運用戦略は新たなステージに突入マザーファンドの純資産が2000億円を超え、流動性の面からこれまでの様な日本の中小型株中心の投資が困難となることから、資金の一部を日本の大型株ではなく、米国株へ投資すること...

続きを読む

日経平均とS&P500の積立投資のリターン推移を見比べると、積立投資ってステキだと感じるのは私だけですか?

皆さんこんにちは。世界分散長期積立投資を行っている「りある・むえ」です。今日、ツイッターを斜め読みしていたら、「日経ベリタスはコツコツ積立投資が好きだが過去20年間の日本株指数を考えると正気とは思えないので単なる記者の願望として読んでいる。ほったらかし投資も同様。」という呟きを拝見しました。さて、どういう意味でしょうか?2000年以降の日経平均とS&P500の株価推移、参考にドル円の推移を比較してみましょう...

続きを読む

たわらノーロード先進国株式(外国株式)の為替ヘッジあり、なしについてもう少し考えてみた

皆さんこんにちは。たわらノーロード先進国株式の為替ヘッジ「なし」を積立ているインデックス投資家の「りある・むえ」です。【参考記事】たわらノーロード先進国株式を購入するなら、為替ヘッジあり?なし?その理由は?この記事で私は次の3つの理由から為替ヘッジ「なし」を選択していることをお話ししました。 1.為替予約取引のコストを支払いたくない 2.過去の円ベース、ドルベースの積立投資データから為替変動を恐れる必...

続きを読む

最近、世界経済インデックスファンドの純資産総額の増加が他のバランスファンドと比べてハンパないようです

(図は交付目論見書より)ここ最近の世界経済インデックスファンドの勢いは凄まじいものがあります。早速ですが設定来からの純資産総額の推移は次のようになります。(引用元:http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_39/)グラフの赤丸で囲った期間(2017年4月19日~6月2日)の純資産総額の増加が右肩上がりというより真上に向かって伸びています。具体的には、2017年4月19日に、240億円だった純資産は6月2日には、353億円に到達し...

続きを読む

日経平均2万円越え。今後インデックス投資家はどうすべきか?改めて考えてみた

今日は、まず1949年、東証再開後からの日経平均株価の推移を見ながら、バブル崩壊後に何度日経平均が2万円を越えたか確認してみます。(引用元:【図解・経済】戦後70年・日経平均株価の推移(2015年6月))バブル崩壊後90年代の日経平均株価は14000円~20000円の間で乱効果を繰り返しますが、2000年4月12日に2万円を越えてからITバブルが崩壊して、7000円台後半まで下落。その後、2007年に18000円台まで回復しますが、世界金融危...

続きを読む

たわらノーロード先進国株式を購入するなら、為替ヘッジあり?なし?その理由は?

前回、個別株を売却して得たお金で「たわらノーロード先進国株式」を購入することを記事にしたところ、次のような質問をいただきました。たわらを購入するのは分かるのですが、為替ヘッジ有なんです?安定を求めるならヘッジ有しか選択肢はなさそうに思っていますが、どうなんでしょうか?有も無もコスト的には同じであることもありますし。もし、ヘッジ無で購入されているのなら、理由とかってあります?質問に回答する前に、為替...

続きを読む

個別株を売却して得たお金で「たわらノーロード先進国株式」を購入しました

皆さんこんにちは。ちょっとだけ個別株を保有していたインデックス投資ブロガーの「りある・むえ」です。「保有していた」と過去形になっているのは、今週の木曜日に売却してしまったからです。ダメなんですよ。やっぱり自分には個別株は向かないんです。売却した「東祥8920」の株価推移です。1996年にスポーツクラブ事業を開始し、「大人の健康」をキーワードに、16才以上を対象とした会員制のスポーツクラブの建設、運営で大きく...

続きを読む

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)はiFree8資産バランスより人気者だとGoogle先生が言っています

今日は、2017年5月9日に超低コストバランスファンド(信託報酬0.22%)として登場したeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)がどれくらい人気か調査してみました。まず、新規設定から10日経たずに5億円以上の資金が流入し、SBI証券の投資信託販売金額ランキングも10位と好調のようです。同じ期間中にiFree8資産バランスへの資金流入は約5000万円とeMAXIS Slimバランスの10分の1でした。さすが最安のバランスファンドだけあって順調...

続きを読む

バフェットがIBM株を売却しようがインデックス投資家は黙って「たわらノーロード先進国株式」を積立てるだけ

Bloomberg News によると、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは、保有するIBM株の約3分の1を1-3月(第1四半期)と4-6月(第2四半期)に売却したようです。もちろん株価も下落しました。この知らせを聞いてIBMを含む米国個別株を中心にポートフィリオを組まれている方々に衝撃が走っているようです。そんな中、Twitter経由で次のような記事を見つけました。外部リンク: I...

続きを読む

信託報酬(実質コスト)の差がリターンに及ぼす影響を評価するのに、なぜベンチマークではなく、たわら外国株式を基準にしたのでしょうか?との質問に回答します

先日、某インデックス投資ブロガーさんから以下の過去記事に対して、次のような質問がありました。過去記事: 投資信託の信託報酬(実質コスト)の差がリターンに及ぼす影響を「見える化」しました!質問は以下のグラフに対してです。たわらノーロード先進国株式のリターンを基準にして、他のファンドのリターンを表示したグラフ信託報酬(%)実質コスト(%)実質コスト- 信託報酬(%) たわら0.2250.260.035 ニッセイ0.2000.290.090 SM...

続きを読む

「リーマンショックの時は、このまま世界が終わるのかと思った。でも、あの時、株を買っていれば。。。」という意見から学んだこと

先週の土曜日(2017年4月)にmushoku2006 さん宅で開催されたプチオフ会に参加してきました。メンバーは、・mushoku2006さん・Oさん夫妻・gonsukeさん・りある・むえの5名でした。Oさんから美味しい差し入れ(から揚げ、薩摩芋揚げ)とサントリーVSOPで気分は最高潮に達して、いつの間にか朝まで寝てました。(;’’∀’’)話の中心は、「60歳間近で十分な資産がある方に資産運用は必要か?」という話題でした。いろいろな意見が出たんで...

続きを読む

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が登場!信託報酬の安さに度肝を抜かれた

三菱UFJ国際投信より信託報酬0.22%(税抜)のeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が新規設定されました。(引用元)それにしても安いですね。他のバランスファンドと比較してみましょう。バランスファンド信託報酬%(税抜) eMAXISバランス (8資産均等型)0.50 iFree8資産バランス0.23 世界経済インデックスF0.50 セゾン バンガード・グローバルバランスF0.68%±0.03%(税込/概算) ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型...

続きを読む

投資信託の信託報酬(実質コスト)の差がリターンに及ぼす影響を「見える化」しました!

皆さんご存知のようにインデックス投資家は低コストファンドが大好きです。0.01%でも安いものを好みます。何故か?理由はいたって簡単インデックスファンドは日経平均やTOPIXといった指数をベンチマークとして、これらに連動することを目指す投資信託のことです。したがって、基本的にはインデックスファンドの基準価額は指数と同じ値動きをしますが、コストの分、下方乖離します。そのため、基本的には、同じ指数をベンチマーク...

続きを読む

セルインメイが本当なら毎年夏場(6、7、8月)だけ投資信託やETFを買えば長期投資家は有利なんですか?答えは。。。

「株は5月に売れ!」投資をしたことのある人なら一度は聞いたことがあるアメリカ相場の有名な格言です。NYダウやS&P500は、5月近辺を高値に、その後、夏場にかけて下落して9月頃から値上がりするケースが多いということのようです。ならば、毎年1回だけS&P500へ投資するという長期投資家は、6月(夏場あたり)に投資信託やETFを購入すると、他の月(7,8月を除く)に購入するよりも有利なのだろうか?という疑問が生まれます。で、...

続きを読む

世界分散投資の長期積立はS&P500に大敗なのだが、それでも私が世界分散投資を選択する理由は?

最近、S&P500に投資して配当を再投資することが最適解だという意見を耳にすることが多々あります。私もそれを確認するために、以下の様な検証を過去に行いました。■架空のS&P500に連動するインデックスファンドに日本円で10年間積立てる■1981年~2017年の36年間を評価■10年間(1981年3月~1991年2月)を1区間として、異なる10年間を313区間評価する。1か月ずつずらして、最後は2007年3月~2017年2月で終了■毎月100円(10年で12000...

続きを読む

塵も積もれば、株式へ投入

米国株ブログを運営されている“どにゃるど”さんの「塵も積もれば14万5000円」という記事を拝見しました。ヤフーオークションで不用品をたたき売っていただけのつもりが・・・売上金を確認してみると1年間で14万円以上あったという羨ましいお話です。で、何気なく読んでいたのですが。。。あることを思い出しました。私は勤め先から、2つの口座に分割して給料が振り込まれているのですが、実はもう1つ別に、労働組合から振り込まれ...

続きを読む

たわらノーロードNYダウ、iFree NYダウ徹底比較!

先月、アセットマネジメントOneのたわらシリーズにNYダウへの連動を目指す「たわらノーロードNYダウ」が追加されました。これまで私は、iFree nyダウ・インデックスを通じて、NYダウへ投資してきたのですが、強力なライバル登場ということで、今日は両ファンドを比較してみることにしました。■基本情報の比較iFreeたわら 設定日平成28年9月8日平成29年3月21日 運用会社大和証券投資信託アセットマネジメントOne ファンドの仕組みフ...

続きを読む

インデックス投資家は図々しい?

「ひとり配当金生活」という早期リタイアブログで有名な“さいもん”さんが長期積立投資をする人(インデックス投資家?)は、謙虚なようで図々しい!と指摘されています。長期の積み立て投資をする人がよく言うのが、株価が下がった方が嬉しい、という言葉。これは自分が買う時と、より長期的に見ると自分が仕込み終わるまで株価が上がらないで欲しい、仕込み終わったあとに株価が爆上げして欲しいという、実にムシのいい願い。積み...

続きを読む

S&P500と日経平均の10年間積立投資リターンの推移から「見える真実」とは?

先日は、以下の記事で、S&P500へ日本円で10年間積立投資した場合のリターンの推移を確認しました。■積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え今日は、日経平均に10年間積立投資した場合のリターンの推移はどうなるか確認してみたいと思います。その前に、日経平均の株価推移をご覧ください。引き続き10年間積立投資のリターン推移を確認し...

続きを読む

積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え

皆さんご存知のように、S&P500やMSCIコクサイは右肩上がりの素晴らしい相場です。ただ、これに円で投資している私たち日本人にとって、為替リスクがずっとついて回ります。急に円安になったりするともっと円高の時に多く買っておけば良かったと、残念な気持ちになります。ドルコスト平均法(毎月定額積立)ダセーとか思ったりすることもあります。円で定額積立している私たちは、ドルで積立しているアメリカ人と比較して、どれくら...

続きを読む

【円換算】バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

前回の記事では、ドルでS&P500に投資し続けたるとクソダサい投資家にならずに済みそうなことを示しましたが、今日は、私たち日本人が、円でS&P500に投資し続けてもイケてる投資家になれるか検証してみました。検証に使用する仮定:①架空のS&P500に連動するインデックスファンドを使用②コストなし(後でリターンの大きさを見ればコスト除外の影響の大きさを評価できます)③配当無し(リターンが下がる状況での評価をします)前回同...

続きを読む

バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

以下の外部リンクによると、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、バークシャー・ハザウェイの年次総会に先だって「株主への手紙」を公表しました。そこで、高コストなヘッジファンドが低コストな S&P500 インデックスファンドに惨敗していることを指摘して、多額の運用報酬を得ているヘッジファンドを痛烈に批判しています。外部リンク: バフェット氏、米国経済「奇跡的」と評価 株主に書簡また、「敗者のゲーム〈原著...

続きを読む

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界経済インデックスファンドに圧勝か?!

セゾン投信から「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」「セゾン資産形成の達人ファンド」の信託報酬を2017年3月11日より引き下げるという発表がありました。外部リンク: セゾン投信 2 本のファンド 運用管理費用(信託報酬)引き下げのお知らせ(2017/03/10) 上記外部リンクによると、両ファンドともに年率 0.01% の信託報酬引き下げです。下表に示したように競合の世界経済インデックスFと比較すると、セゾン・バ...

続きを読む

年始から積立始めた「たわらノーロード先進国株式」の成績は?実質コスト最安ファンドの実力を「見える化」!

皆さんこんにちは。年始から「たわらノーロード先進国株式」を積立始めた「りある・むえ」です。今日は、先進国株式インデックスファンド実質コスト1位(税抜0.26%)である“たわら”の実力を「見える化」しようと思います。たわら vs ニッセイ vs SMTグローバル vs 外国株式インデックスe リターン比較参考に各ファンドの信託報酬、実質コスト(税抜)を以下に示します。信託報酬(%)実質コスト(%)実質コスト- 信託報酬(%) たわら0....

続きを読む

iFreeNYダウ・インデックスとSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンと迷いましたが、iFreeを選んでよかったです!

去年の8月、9月と米国株式に投資できるファンドが立て続けに2本リリースされました。以前から投資信託で米国株に投資したいと考えていた自分は、どちらを選択するか非常に悩んだのですが、最近の成績を見ていると、iFreeNYダウ・インデックスを選んで正解だったかな~という印象です。ファンドの基本情報■iFreeNYダウ・インデックス設定日:2016年9月8日ベンチマーク:ダウ・ジョーンズ工業株価平均運用会社:大和証券投資信託ファン...

続きを読む

どんなに円安株高でも米国株式(iFree NYダウ・インデックス)を買い続ける理由

米国投資のカリスマ・バフェット太郎氏は、NYダウが史上最高値圏で推移する中でも米国株を買い増し続けるべきだと主張されています。その根拠は?彼の記事によると、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、昨年11月の米大統領選挙以降、株式を120億ドル(約1兆3000億円)買い越していたようです。ここで、個人投資家が参考にすべきは、バフェット氏が何に投資したか?ではなく、NYダウが史上最高値...

続きを読む

三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slimによって投信の低コスト化に終止符は打たれるのか?!

三菱UFJ国際投信のプレスリリースによると、インデックスファンド「eMAXISシリーズ」に、eMAXIS Slim 4ファンドが追加されるようです。『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』は、他社類似ファンドの運用コスト注意を払い、機動的に信託報酬を引き下げることによって、今も、そしてこれからも業界最低水準を目指し続けるインデックスファンドです。他社類似ファンドが信託報酬率の引き下げを行った場合、当ファンドの信...

続きを読む

為替や株価が上下に乱降下すると「毎営業日積立」したくなりませんか?

皆さんこんにちは。今日も円高、株安ですね。外部リンク:【市況】<マ-ケット日報>外部リンクによると、トランプ政権の移民政策への警戒感から、昨日に引き続きNYダウが下落し、日経平均は327円安の大幅続落。円相場も1ドル=113円台まで上昇して相場を圧迫したようです。それにしても、トランプさんがごちゃごちゃ言ったり、呟くと相場は上がったり、下がったりと大忙しですね(笑)こんな時でも我々インデックス投資家は...

続きを読む

NYダウ2万ドルを突破!止まらない先行期待!そんな最中iFree NYダウ・インデックスは買いなのか?

以下ロイターの記事に、2万ドルを突破したNYダウの懸念が書かれていました。外部リンク: NYダウ2万ドルは通過点?止まらぬ先高期待■記事の要約以下に記事を要約しましたが、詳細は外部リンクを参照ください。1月25日、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種がついに2万ドルの大台を突破。ダウが1万9000ドルから2万ドルまでに要したのは42営業日。1000ドルの上昇期間としては、1999年3月29日から5月3日まで、24営業日で1万...

続きを読む

たわら先進国株とニッセイ外国株のベンチマーク(MSCIコクサイ円配当込)って同じですよね?でも運用報告書を見比べるとなんか変じゃないですか?

昨日の記事で、たわらの設定日を基準に騰落率を算出すると上方乖離が起こることを説明しましたが、まだ、たわらの運用報告書を見ると不思議なところがあります。実は、設定日以外を基準にしても“たわら”のベンチマークからの乖離は大きくなります。でも、ちょっと変なんですよね。今日はこのことについてお話しようと思います。たわらの運用報告書の1ページの「当期中の基準価額と市場の推移」から、基準価額とベンチマークの数値...

続きを読む

たわらノーロード先進国株式の設定来の上方乖離は問題ないのですか?と菟道りんたろう氏から問われたので返答させていただきます

昨日書いた以下の記事に対して、Twitterで菟道りんたろう氏からご指摘を受けました。・いつ「ニッセイ」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるの?今でしょ!詳細は以下の通りです。@MuaythaiReal それに何の意味があるのですか?ちなみに設定来なら、たわらは技術的な問題からベンチマークに対して大幅に上方乖離したままです。それも批判するなら筋が通りますが、上方乖離は許容して、下方乖離だけ批判するのは、イン...

続きを読む

いつ「ニッセイ」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるの?今でしょ!

皆さんこんにちは。昨日から、ニッセイ外国株式の積立を中断して、たわらノーロード先進国株式を積立始めたインデックス投資ブロガーの「りある・むえ」です。たわら vs ニッセイ騰落率比較さて、積立の前に近々のニッセイと“たわら”の成績を確認してみましょう。ニッセイの騰落率(基準価額の前日比)が“たわら”からどれだけ乖離したかを図示しました。(期間:2015年12月21日~2017年1月20日、 +/-0.03%以上乖離した日だけをプ...

続きを読む

セゾンバンガードGBFって人気あるんだな~と投信ブロガーが選ぶ!  Fund of the Year 2016の結果を見て思う

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016の結果が発表されました。投信ブロガーから多くの支持を集めた投資信託は次のような結果でした。第5位  セゾンバンガードグローバルバランスファンド第4位  iFree 8資産バランスファンド第3位 バンガード・トータルワールドストックETF(VT)第2位 たわらノーロード先進国株式第1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド1位、2位は、インデックス投資家がもっとも多く保有してい...

続きを読む

相場が荒れているようですが、長期的にはミスターバリューはミスターマーケットに必ず勝つ!?

これまで好調であったトランプ相場ですが、11日の次期米大統領の記者会見前後から円高株安が進んでいるようです。また、今後もトランプ氏のツイッターでの発言などにより相場が乱降下することが予想されています。まさに「ミスターマーケット」は、やんちゃで悪ふざけばかりしています(笑)何のことかわかります?チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」では、株式市場の「標準偏差(ボラティリティ)」を「ミスターマーケット」、...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。