たわらノーロードNYダウ、iFree NYダウ徹底比較!

先月、アセットマネジメントOneのたわらシリーズにNYダウへの連動を目指す「たわらノーロードNYダウ」が追加されました。これまで私は、iFree nyダウ・インデックスを通じて、NYダウへ投資してきたのですが、強力なライバル登場ということで、今日は両ファンドを比較してみることにしました。■基本情報の比較iFreeたわら 設定日平成28年9月8日平成29年3月21日 運用会社大和証券投資信託アセットマネジメントOne ファンドの仕組みフ...

続きを読む

【円換算】バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

前回の記事では、ドルでS&P500に投資し続けたるとクソダサい投資家にならずに済みそうなことを示しましたが、今日は、私たち日本人が、円でS&P500に投資し続けてもイケてる投資家になれるか検証してみました。検証に使用する仮定:①架空のS&P500に連動するインデックスファンドを使用②コストなし(後でリターンの大きさを見ればコスト除外の影響の大きさを評価できます)③配当無し(リターンが下がる状況での評価をします)前回同...

続きを読む

バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

以下の外部リンクによると、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、バークシャー・ハザウェイの年次総会に先だって「株主への手紙」を公表しました。そこで、高コストなヘッジファンドが低コストな S&P500 インデックスファンドに惨敗していることを指摘して、多額の運用報酬を得ているヘッジファンドを痛烈に批判しています。外部リンク: バフェット氏、米国経済「奇跡的」と評価 株主に書簡また、「敗者のゲーム〈原著...

続きを読む

iFreeNYダウ・インデックスとSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンと迷いましたが、iFreeを選んでよかったです!

去年の8月、9月と米国株式に投資できるファンドが立て続けに2本リリースされました。以前から投資信託で米国株に投資したいと考えていた自分は、どちらを選択するか非常に悩んだのですが、最近の成績を見ていると、iFreeNYダウ・インデックスを選んで正解だったかな~という印象です。ファンドの基本情報■iFreeNYダウ・インデックス設定日:2016年9月8日ベンチマーク:ダウ・ジョーンズ工業株価平均運用会社:大和証券投資信託ファン...

続きを読む

どんなに円安株高でも米国株式(iFree NYダウ・インデックス)を買い続ける理由

米国投資のカリスマ・バフェット太郎氏は、NYダウが史上最高値圏で推移する中でも米国株を買い増し続けるべきだと主張されています。その根拠は?彼の記事によると、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、昨年11月の米大統領選挙以降、株式を120億ドル(約1兆3000億円)買い越していたようです。ここで、個人投資家が参考にすべきは、バフェット氏が何に投資したか?ではなく、NYダウが史上最高値...

続きを読む

NYダウ2万ドルを突破!止まらない先行期待!そんな最中iFree NYダウ・インデックスは買いなのか?

以下ロイターの記事に、2万ドルを突破したNYダウの懸念が書かれていました。外部リンク: NYダウ2万ドルは通過点?止まらぬ先高期待■記事の要約以下に記事を要約しましたが、詳細は外部リンクを参照ください。1月25日、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種がついに2万ドルの大台を突破。ダウが1万9000ドルから2万ドルまでに要したのは42営業日。1000ドルの上昇期間としては、1999年3月29日から5月3日まで、24営業日で1万...

続きを読む

10月から積立て始めた「iFree NYダウ・インデックス」がトランプ相場の影響で爆上げ!でも今後は・・・

皆さんこんにちは。10月から「iFree NYダウ・インデックス」を積立始めて、アメリカンドリームを夢見る投資家「りある・むえ」です。皆さんご存知のようにトランプ相場の影響で、NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株 30種平均 )は連日のように最高値を更新し続けています。ここで、ちょっと「iFree NYダウ・インデックス」と「たわらノーロード先進国株式」の基準価格の推移を比較したいと思います。(2016年9月8日~2016年12月16日を...

続きを読む

バフェット氏が「S&P500のインデックスファンド」を勧めるのは当然です

既に、いくつかのインデックス投資ブログでバフェット氏が低コストのインデックスファンドを推奨していることが紹介されています。外部リンク:手数料に注意を-バフェット氏があらためて送る投資の助言この世の中に『S&P500のインデックスファンドを単に購入し、50年持ち続けなさい』と言うコンサルタントはいないだろう。それではコンサルタントになれず、年間の手数料も得られない」と指摘した。実際、プロテジェ・パートナ...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

今月のページランキング

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)