FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

eMAXIS Slim以外の先進国株式ファンドも今のところホールドしておく予定です

先日、eMAXIS Slimが先進国株式ファンドの中で人気、実力ともにナンバーワンであることを以下の記事で述べました。【過去記事】eMAXIS Slim先進国株式が人気、実力ともに絶対王者になっていることを確認しました!私はこれまで、ニッセイ外国株→たわら先進国株→eMAXIS Slim先進国株と積立ファンドを変更してきましたが、こういう状況を確認すると、時期を見てホールドしているニッセイ外国株、たわら先進国株を売却して、そのお金...

続きを読む

eMAXIS Slim先進国株式が人気、実力ともに絶対王者になっていることを確認しました!

皆さんこんにちは。ケガから復活した「りある・むえ」です。今日は、2018年1月30日から信託報酬を0.20412%→0.11826%(税込み)に引き下げたeMAXIS Slim先進国株式のリターンと人気が、どれくらい良くなっているか確認したいと思います。■リターン他のMSCI kokusai(円)をベンチマークとするインデックスファンドの信託報酬は以下となります。信託報酬%(税込) eMAXIS Slim0.11826 ニッセイ外国株式0.20412 iFree外国株式0.20...

続きを読む

ニッセイ外国株式が望む長い目で見たけど、結構取り返してないよね

こんにちは。りある・むえです。ニッセイ外国株が2月6日から3日連続で他社の先進国株ファンドの騰落率と大きく乖離したことが話題になっていますが、たわら男爵の電話取材によるとニッセイの意見は次のようです。●乖離の原因は不明●1日で見るとどうしても乖離してしまうから、1週間とかもっと長いスパンで見てほしい。うちは長い目で見ると結構取り返しているちょっと言い換えると、「短期的に乖離する理由は分らないが、長期で見...

続きを読む

ニッセイ外国株式から大量の資金流出?とemaxis slim先進国株式への順調な資金流入!純資産増加推移から読み取れる真実とは!?

こんにちは。りある・むえです。今日は、eMAXIS Slim先進国株式が信託報酬を0.20412%(税込)から0.11826%(税込)に引下げることを公表した2017年12月29日から、競合ファンドと比較して、どれくらい資金が流入しているか調査してみました。参考にMSCI kokusai(円)をベンチマークとするインデックスファンドの信託報酬、純資産総額を以下に示します。(2018年2月16日現在)信託報酬%(税込)純資産総額(億円) eMAXIS Slim0.1...

続きを読む

ニッセイ外国株式の乖離を「見える化」動かぬ証拠を目にして保有者としてどうするか考えてみた

2016年11月にベンチマークから大きな乖離を起こして問題になったニッセイ外国株式が再び乖離を起こしていると話題になっているので調査してみました。【過去記事】「ニッセイ外国株式」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるので、念のために各先進国株式ファンドのパフォーマンスをチェックしました2017年11月29日~2018年2月9日までのたわらノーロード先進国株式、eMAXIS Slim 先進国株式、iFree 外国...

続きを読む

SBI証券のeMAXIS Slim先進国株のポイント付与率は、楽天証券より低い0.03%に決定

昨日からeMAXIS Slim先進国株の信託報酬(税抜き)が0.1095%に引き下げられました。たわら男爵さんの速報によると、それに伴い、SBI証券の投信保有ポイントの付与率が0.05%から0.03%に減額されたようです。信託報酬率(税抜)の合計ならびに配分は下表の通りです。合計 委託会社 販売会社 受託会社 0.10950%0.04475%0.04475%0.02000%引用元: 交付目論見書(PDF)販売会社であるSBI証券の取り分は、0.04475%なので投信保有ポイン...

続きを読む

【悲報】eMAXIS Slim先進国株式が信託報酬を引下げ(0.11826%)てもニッセイ外国株式に断トツで資金流入が続いているようです

こんにちは。りある・むえです。皆さん既にご存じのように、2017年12月29日にeMAXIS Slim先進国株式が信託報酬を0.20412%(税込)から0.11826%(税込)に引下げることを公表して、多くのインデックス投資家を驚かせました。(2018年1月30日から値下げ)【参考リンク(PDF)】eMAXIS Slim先進国株式プレリリース今日は、eMAXIS Slim先進国株式がMSCI kokusai(円)をベンチマークとするインデックスファンドの中で断トツの低コス...

続きを読む

今後のeMAXIS Slim先進国株式のリターンが超期待できる理由

2017年2月27日に新規設定されたeMAXIS Slim先進国株式は、業界最低水準のコストを目指し続けるインデックスファンドと明言し、実際に、他のファンドの値下げや低コストファンドの新規設定に対抗して、1年間で3回の信託報酬引き下げを行ってきました。下表に示す通り信託報酬は、1年で約0.1%低下しました。信託報酬%(税込み)備考 2017/2/270.2160新規設定 2017/10/20.2052iFreeの値下げに対抗 2017/11/100.20412ニッセイの値下げ...

続きを読む

年始から積立始めた「たわらノーロード先進国株式」の成績は?実質コスト最安ファンドの実力を「見える化」!

皆さんこんにちは。年始から「たわらノーロード先進国株式」を積立始めた「りある・むえ」です。今日は、先進国株式インデックスファンド実質コスト1位(税抜0.26%)である“たわら”の実力を「見える化」しようと思います。たわら vs ニッセイ vs SMTグローバル vs 外国株式インデックスe リターン比較参考に各ファンドの信託報酬、実質コスト(税抜)を以下に示します。信託報酬(%)実質コスト(%)実質コスト- 信託報酬(%) たわら0....

続きを読む

たわら先進国株とニッセイ外国株のベンチマーク(MSCIコクサイ円配当込)って同じですよね?でも運用報告書を見比べるとなんか変じゃないですか?

昨日の記事で、たわらの設定日を基準に騰落率を算出すると上方乖離が起こることを説明しましたが、まだ、たわらの運用報告書を見ると不思議なところがあります。実は、設定日以外を基準にしても“たわら”のベンチマークからの乖離は大きくなります。でも、ちょっと変なんですよね。今日はこのことについてお話しようと思います。たわらの運用報告書の1ページの「当期中の基準価額と市場の推移」から、基準価額とベンチマークの数値...

続きを読む

たわらノーロード先進国株式の設定来の上方乖離は問題ないのですか?と菟道りんたろう氏から問われたので返答させていただきます

昨日書いた以下の記事に対して、Twitterで菟道りんたろう氏からご指摘を受けました。・いつ「ニッセイ」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるの?今でしょ!詳細は以下の通りです。@MuaythaiReal それに何の意味があるのですか?ちなみに設定来なら、たわらは技術的な問題からベンチマークに対して大幅に上方乖離したままです。それも批判するなら筋が通りますが、上方乖離は許容して、下方乖離だけ批判するのは、イン...

続きを読む

いつ「ニッセイ」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるの?今でしょ!

皆さんこんにちは。昨日から、ニッセイ外国株式の積立を中断して、たわらノーロード先進国株式を積立始めたインデックス投資ブロガーの「りある・むえ」です。たわら vs ニッセイ騰落率比較さて、積立の前に近々のニッセイと“たわら”の成績を確認してみましょう。ニッセイの騰落率(基準価額の前日比)が“たわら”からどれだけ乖離したかを図示しました。(期間:2015年12月21日~2017年1月20日、 +/-0.03%以上乖離した日だけをプ...

続きを読む

野村からFunds-i米国株式配当貴族が登場!米国株インデックスファンド戦国時代の到来か?

皆さんこんにちは。今日は、米国株好きにとって、うれしいニュースの紹介です。相互リンク先のバリュートラストさんの以下の記事で、野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズに、2017年1月10日付で、米国株式配当貴族指数連動型インデックスファンドが2本追加されることを知りました。 Funds-iに米国株式配当貴族指数連動型インデックスファンド2本が追加さっそくEDINETで確認したところ、“為替ヘッジあり”、“なし”の2本が追加...

続きを読む

たわら先進国株 vs ニッセイ外国株 vs SMT vs インデックスe!年間で1番儲かったのは?結局どのファンドやねん?

昨日もこれらのファンドを比較しましたが、ベンチマークからの乖離を正確に評価しようとするとMSCI kokusai指標に為替レートを考慮して、比較する必要があります。ただ、これには少々問題があるので止めておきます。代わりにですが、どのファンドが1年間で結局儲かったのか?単純に評価してみました。(評価期間:2015年12月21日~2016年12月1日)まずは、2015年12月21日の基準価格をベースにどれだけ増減したかのグラフです。たわ...

続きを読む

「ニッセイ外国株式」から「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えるので、念のために各先進国株式ファンドのパフォーマンスをチェックしました

皆さんこんにちは。「ニッセイ外国株式」の積立を中断して「たわらノーロード先進国株式」の積立を始めることにしたので、念のために各先進国株式ファンドのパフォーマンスをチェックしてみることにしました。と、言っても単純な評価です。たわらノーロード先進国株式の騰落率(基準価格の前日比)から、ニッセイ外国株式、SMT グローバル株式、外国株式インデックスeがどれだけ乖離しているか2015年12月22日から2016年12月1日まで...

続きを読む

たわら男爵の情熱に完敗!「ニッセイ外国株式」の積立を中断して「たわらノーロード先進国株式」の積立を始めることにしました

先日まで、ブロガーさんの間でニッセイ外国株式のベンチマークからの乖離が話題になっていました。実は、自分も当ファンドを積立てしているのですが、あまり気にしていませんでした。というのも最終的なパフォーマンスには、そこまで影響しないだろうという感覚でした。そもそもなぜこのファンドを選んだかというと、信託報酬が安いことと、人気があるから繰上償還されることもないだろう、と考えたからです。しかし、たわら男爵さ...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。