FC2ブログ

もし40年前に「つみたてNISA」が始まっていれば今頃みんなお金持ちになれたようです。元本割れリスク恐れるに足らずか?!

つみたてNISAは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能で、各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間課税されない制度となっており。非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。投資可能期間は2018年~2037年で図にすると以下のようになります。引用元: 金融庁サイト20年の非課税枠が20個あり、なんだか複雑ですが...

続きを読む

【つみたてNISA非課税期間】20年間S&P500に積立投資した結果、元本割れした実績ってあるんですか?答えが分かれば安心してeMAXIS Slim 米国株式を積立られる?!

つみたてNISAを利用されている方は、非課税期間の20年間で元本割れしないか?心配になったことはないでしょうか?「20年後に暴落が来たら、どうなるの?」って心配になったりしますよね。インデックス投資ブロガーの中には、20年間という長期で株価が上昇しているから、積立の終盤に暴落が来ても、短期で見ると大暴落だけど、長期で見ると大した下落でないので大丈夫!と断言される方もいらっしゃるようですが本当でしょうか?S&P5...

続きを読む

含み損でも心穏やかでいられる「つみたえNISA」は良い制度ですね

はっきり申し上げると私は「含み損」が嫌いです。リスク資産の比率が小さい時は何も感じませんが、資産全体に占めるリスク資産の割合が大きくなって来た頃に長期の「含み損」を経験するのを快く思わない人間です。「長期」「分散」「積立」を基本としている方々からすると、下落相場でのナンピン、大暴落での積立を経て、上昇相場を経験することで、ドルコスト平均法で資産が大きく育つのに、「コイツは何をバカなこと言ってんだ!...

続きを読む

「強気相場の終焉」なんて囁かれ出すと利益があるうちに一般NISA枠で購入した投信を売却したくなります

私は2018年1月から「つみたてNISA」を利用しており、年間120万円、運用期間5年間のNISA制度(本記事では一般NISAとします)は使用していません。ただ、2017年に一般NISA枠で、たわら先進国株IFと楽天全米株式IFを購入しており、多少の利益が出ています。皆さんご存知のようにNISA枠は、利益が非課税として優遇される制度ですが、損失が出ていると課税口座より損になる難しい制度です。詳しくは以下のサイトをご覧ください。【外部...

続きを読む

米国株ブロガーの影響を受けて楽天・全米株式インデックスF(楽天VTI)を妻の「つみたてNISA枠」で購入したいと話していた同僚に言ったこと

最近では、私の職場でも「つみたてNISA」や「iDeCo」といったキーワードを耳にする機会が多くなり、少し先に長期投資を始めた自分としては、自分の行動が同僚たちに認められたようで少し嬉しい心境です。先日も今年の1月から「つみたてNISA」を始めた同僚から質問を受けました。現在、彼はemaxis slimシリーズの先進国株式、新興国株式、日本株式の3本に毎月1万円ずつ(合計3万円)投資しているそうです。商品や配分を決め...

続きを読む

人気があるインデックスファンドのリターンが良いわけではないけど、初心者は人気がある投資信託を選んで投資すべきだと思う

皆さんこんにちは。「りある・むえ」です。最近では、「つみたてNISA」などの制度を利用して、これから投資を始めようとする方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。投資はアセットアロケーション(資産配分)が大事だ!という意見を耳にする機会は多いですが、少額から投資を始める方などは、どの商品を選べば良いのだろうか?というところからスタートされる方が多いように思います。「つみたてNISA」、「おすすめ商...

続きを読む

「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています

最近、会社の同僚から「つみたてNISA」について相談を受ける機会が多くなってきました。とは言え、投資が趣味でも仕事でもない方に、資産配分やリスク、リターンの話をすると拒絶反応が起き、「結論は何を買えば良いの?」と質問されるので、「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」を1本買えば万事オッケー!と答えるようにしています。小難しい話は控えて、気が向いたら、水瀬ケンイチさん著「お金は寝かせて...

続きを読む

「つみたてNISA」がお勧めの理由!コツコツ投資を継続する仕組みを作って暴落を乗り切れば元本2倍も夢じゃない!?

こんにちは。りある・むえです。私の職場でも「つみたてNISA」をきっかけにインデックス投資を始める方がチラホラでてきました。そんな中、昼食の時にこんな会話がありました。同僚A「つみたてNISAってどう思う?銀行預金より良いらしいよ」同僚B「止めたほうがいいよ。ここ数年株価がずっと上がってたから、これから株価は下がると思うよ」同僚B「それに10年に1回の周期で暴落が起こってるらしい。リーマンショックから約10年経つ...

続きを読む

つみたてNISAはいつ買うの?毎月?毎週?毎日?それとも年初に一括投資?

こんにちは。りある・むえです。今日は「つみたてNISA」の購入タイミングについてお話します。私が利用しているSBI証券では「つみたてNISA」の購入タイミングを毎月/毎週/毎日の3つのコースから選べるようになっています。また、ボーナス設定があるため、ボーナス日にも購入可能です。(ボーナス日に拘らず、スポット購入できる日を設けるという考え方もありますね)本来なら一括での買付けはできない仕組みですが、毎月コースを選...

続きを読む

つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ

こんにちは。りある・むえです。今年から始まる「つみたてNISA」で購入するファンドをeMAXIS Slim先進国株式とeMAXIS Slim新興国株式の2本に決定しました。つみたてNISAの資産配分について因みに、これまで特定口座では、日本株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2くらいになるように積み立ててきました。(日本株式、新興国株式比率はもう少しありますが、小数点以下は省略)他のインデックス投資ブログなどを拝見していると時価総...

続きを読む

つみたてNISAに移行する前に楽天・全米株インデックスFとたわら先進国株式を現行NISAで購入しました

こんにちは。来年からSBI証券で「現行NISA」から「つみたてNISA」に切り替える予定のインデックス投資ブロガーの「りある・むえ」です。積立予定商品は、  ・たわらノーロード 先進国株式  ・emaxis slim 新興国株式インデックスという組み合わせか、  ・野村つみたて外国株投信の1本に絞るか現在検討中です。まー、それは来年考えるとして、アセットアロケーションの先進国株式比率が目標の60%に到達していなかったので、...

続きを読む

児童手当と積立NISAの相性は?なんと80%の確率で〇百万円超え!

皆さんこんにちは。今日は、2018年1月から導入を予定されている積立NISAに、児童手当で支給されるお金を使って、投資信託を毎年積立続けると、どのような結果になるか?検証してみようと思います。児童手当の支給額です。児童手当 支給対象年齢支給額(月)支給額(年) 0歳~3歳未満15000円180000円 3歳~中学生10000円120000円15年間で総額198万円になります。国から支給される大切なお金!株式投資のような危険なものに使...

続きを読む

積立NISAの恐るべき利回り!元本割れの確率は1割以下?

皆さんこんにちは。今日は、2018年1月から導入を予定されている積立NISAについてお話しようと思います。年間投資上限40万円、積立期間20年ということで、今まで投資をされてきた方にとっては、少し物足りない制度ですが、一般の方からすれば、十分すぎる額ではないでしょうか。この積立NISAですが、投資対象商品の詳細は未定、2018年1月現在、私が利用しているSBI証券では、多くの超低コストインデックスファンドが取...

続きを読む

NISAが恒久化されるなら喜んで長期投資に利用するさ

    下記ロイターの記事によると、自民党の根本匠・金融調査会長がNISA恒久化の検討をする必要があるとの見解を示されているようです。NISA, 恒久化含め検討必要=自民・金融調査会長NISAは含み益が出た場合に、それらにかかる税金が非課税になるメリットばかり宣伝されている印象を受けますが、含み損が出た場合には、以下に示すようなデメリットがあります。NISAのデメリット仮に投資信託を100万円分購入して、非課税期間...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)